右四間飛車対応その壱

おはようございます

ずいぶんと間が空きました

どうもまじ眠いです

 

すっかりブログというものを忘れていましたw

 

今回はVS右四間飛車についてやっていきたいと思います

 

四間飛車はよく出てきますよね

2日に1回程度の体感がある

 

よく受けが分からないままいつの間にかやられてるなんてしばしば

 

   f:id:majinemusenjum:20210724200320p:plain

 

まあ右四間飛車側は基本的にここまで組めれば十分(端歩もついたほうがよさげ)で

あとは45歩からの開戦を狙っていく感じですよね

ただこの形に組むだけで14手

あとは攻撃すれば相手陣が崩れるんだからかなりコスパいい

角とかは77に上がらなくても別にいいから

15手弱で組めるといったところでしょう

 

はい

さて

こちらは15手で何が出来るでしょう

先手番なら+1手存在しますが後手番なら-1手ですね

 

非常に難しい

 

僕は三間飛車をよく使います

ノーマル三間に美濃囲いを多用しているのですが

四間飛車は4筋、三間飛車は3筋に飛車がいるので

どうしても右四間飛車相手だと分が悪いですね

それでも三間飛車をやりたいので

 

   f:id:majinemusenjum:20210725141129p:plain

こんな形ですかね

ここまで13手

意外に行けそう!?

三間飛車の特徴として銀の上がり方が複数(2コ)あることで

57銀と上がれるのがポイントかもしれないです

四間飛車だったらこの位置に銀は置けないんで…

 

さてそれでは実践ではどうしましょう

f:id:majinemusenjum:20210727203449p:plain
f:id:majinemusenjum:20210727203459p:plain
f:id:majinemusenjum:20210727203538p:plain
f:id:majinemusenjum:20210727203553p:plain

相手の銀が腰掛銀になってくるのを見たら56歩とついて

57銀と上がりましょう

 

f:id:majinemusenjum:20210728144525p:plain
f:id:majinemusenjum:20210728144529p:plain

飛車が回ってきたらこちらも同じ筋に飛車を振ります

 

こちらもあちらもまだ守りが出来ていませんね

かなり早めの出だしの右四間飛車の対応はこれでいいでしょう

 

ここで相手から歩をついてくる仕掛けはこちら側が有利です

一例として65歩同歩同銀22角成同銀64歩打ち同飛75角64飛77桂

     67歩打ち同飛66歩打ち68飛76銀

序盤からかなり乱戦系になっていますが基本的にはこちらが有利です

また65歩同歩に77角成は同桂と取って65歩に桂と飛車のひもがつきますし

33角打ちとかには左金をあがっておけば大丈夫です

まだ守りを整備してないのが活きますね

 

相手の手としてはおそらく42玉からelmo囲いに組むでしょう

42玉32玉42銀31金ですね

いったん双方とも守りを固めるでしょう

   f:id:majinemusenjum:20210728150121p:plain

58金までで27手

相手の右四間飛車elmoとこちらの四間飛車美濃囲いという

ありふれた形になりました

次に後手が指すとしたら6筋に桂馬を参加させてくるといったところでしょうか

 

ここでも65歩からの攻めは先手有利です

一例として

65歩同歩77角成同桂33角打ち67飛となり後手の手を受けられます


 65歩からの攻めは厳しいので

後手は74歩と桂馬の活用を図ります

74歩には待望の46銀と上がりましょう

腰掛銀を咎めにいきましょう

仮に73桂と上がってきたら55歩と銀を圧迫しに行きます

後手も右四間飛車をやる以上63銀と下がってはこないでしょう

55同銀と来るはずです

ここで先手同銀と銀を取りたくなるんですが我慢しましょう

ここでは先手は65歩とします

この後後手は4つぐらい手があるわけですね

Ⅰ同歩 Ⅱ同桂 Ⅲ46銀 Ⅳ66銀

まずは

Ⅰ同歩のパターン

同歩には55角と出ましょう

そのあと同角同銀79角打ち56角打ち68角成同金88飛77銀87飛成で先手優勢です

 

Ⅱ同桂のパターン

正直同桂の筋はないと思います

相手の飛車先が重いので

まあ一例として55角同角同銀79角打ち66角打ち68角成79飛打ち67角打ちとかで

飛車捕まえちゃいましょう

先手優勢です

 

Ⅲ46銀のパターン

 多分これが一番多い

46銀には22角成同金46歩65桂

ここで先手は手が結構多くあるんですがソフトは73銀打ちですね

63飛82角打ち57銀打ち98飛58銀成同飛

 

67角打ちには59飛としてそのあとの68金打ちには55飛と浮いておきましょう

67金打ちは98飛と戻り57桂成に91角成とすれば有利です

 57銀打ちに同金と応じたりすると桂成で相手が有利になりますね

73銀打ちに対して57銀打ちは飛車を取って優勢です

 

65桂じゃなく65歩としてきたら55角打ちもありますし

互角ながらもいい勝負になると思います

また65桂でなく79角打ちとかしてきたら飛車をよけてもいいんですが

強く64歩と取るのもありですね

68角成同金64飛69歩打ちとかでなんやかんや耐えてます

 

ちょっと戻って46銀22角成に同玉と取った場合は

46歩65桂ととんだ場合は73銀打ちで63飛車浮きには64銀成となっていけば十分です

46歩79角打ちには64歩と取り込みましょう68角成に同金で後手の手が難しいはずです

 

Ⅳ66銀のパターン

66銀には同角同角同飛で先手有利です

飛車を狙ってくる33角打ちや88角打ちには角合わせで対抗しましょう

 

はいどうでしょうか

基本的に序盤中盤辺りは互角な戦いが出来るはずです

つまり・・・・・・

 

 

  _人人人人人人人人人人_

  >結局終盤力  (゚∀゚)

   ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 

 

次回

・85歩ついてこない場合

 角上がりは必要か

・桂馬銀の形を作ってから飛車回る場合

・右四間飛車左美濃

 

ら辺をやっていきたいと思います。

以上

それではまた(゚∀゚)